沢井亮|AVがちょこっと楽しくなるAV男優プロフィール


File No.32:沢井亮(さわいりょう)とは?
2003年にデビューしたと思われるAV男優。
同業者も認める業界屈指のロングチンポをぶら下げるデカチンの持ち主で、そのサイズは日本人の平均チン長を遥かに上回るらしく、公称サイズでは約20cmとなっている。
ちなみに、知る人ぞ知るアダルトグッズ「TENGA」の製造販売元・㈱TENGAが公開したデータ(調査期間:2010年12月~2012年2月)によると、日本人男性の平均チン長は13.56cmとなっているほか、同業者の公称サイズ(一徹:17cm / 鮫島:16cm)と比べても沢井氏の勃起時のチン長は上回っているため、まさに頭(亀頭)ひとつ抜けたロングチンポの持ち主と言えるかもしれない。
※補足:出産後、既におちんちんサイズは5cmほどあったらしく、母親が心配したというエピソードを本人が語っている。
そんな巨根男優として一目置かれる沢井氏だが、もともとカメラマンになりかかったようで、高校卒業後は映像関係の専門学校に進み、TBSの関連会社でカメラマンのアシスタントとして働き始めるが、なかなか思うようにいかず、志半ばであえなく断念。
がしかし、映像の仕事に関わりたいという思いは強く、単純に面白そうだからという理由でAV監督に興味を持った沢井氏は、その足掛かりとして軽い気持ちでAVメーカー主催の「男優友の会」を介して汁男デビュー(23歳)を果たすことになるが、その面白さ(初現場は100人ぶっかけ)に魅了され、そのままAV男優としての道を歩み出している(見た目のチャラさからナンパモノに起用されることが多く、過去にはナンパ師・沢井亮をウリにしたシリーズ作品も発売された)。